忍者ブログ
勝手気ままな天使のひとり言
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



お客様や色んな所見聞きしていた「アミ小さな宇宙人」の本

子ども向けと思いきや実は大人にこそ読んでもらいたい一冊です。

頭ではなく、ハートにストント入ってくる感じは本物ですね。

この本を読み終わると宇宙人も怖くないし、

どのように生きるのが良いのかも見えてくる一冊です。

是非、親子で読んで頂きたい本です。(単行本)



☆~~~☆~~~☆


さくらももこさんの推薦と挿絵のついた「アミ 小さな宇宙人」を
読みました。彼女の感動が挿絵を通して伝わってきます。
なんかほのぼのとした雰囲気がでていますし、安心して読めます。

少年ペドリート墜落したUFOから降りた小さな宇宙人アミの物語が
始まっています。アミとはスペイン語でアミーゴつまり友のこと。
ペドリートは小さな宇宙人をそう呼ぶわけです。



なかなか面白いのが、オフィル星。
そこでも進んだ文明が紹介される。
そこは大きな山もなければ砂漠もなかった。

丘や平地を緑やオレンジや褐色をした、さまざまな色調の植物が
じゅうたんのように一面を覆っていた。
銀色に輝いた小川や水色の湖もあった。
その風景は何か天国を思わせた。

また、数千年前、伝説のアトランティスから地球を脱した
子孫も住んでいた。彼らの背丈は3メートルほどあり、
エジプト人、インカ人、マヤ人、ギリシャ人の祖先でもあるそうな。


PR
         


一枚目:内宮の正宮を横から撮ったものです。

二枚目:内宮の正宮を正面の階段下から撮ったもの。これ以上は撮影禁止

三枚目:天から降って来た石が人と言う字に割れた「踏まぬ石」です。

四枚目:おかげ横丁の招き猫屋さん、色んな招きネコがいっぱい♪

五枚目:奉納相撲の神事が行われていました。朝青竜や高見盛も・・。

六枚目:須佐大社です。

七枚目:内宮の荒御霊宮です。

八枚目:月夜見宮です。とっても好きな神社です。

月夜見宮には3回も参拝しました。(笑)

印象的だったのは、夜空にはおぼろ月夜が照らす中、

静まり返った月夜見宮を遠くから見ていると

古の風情をかんじます。

偶然は神が与えし粋な計らいですね。

偶然が度重なると見えないご縁や愛を感じずにはいられないですね。

今回の旅もそれをつくづく感覚で感じた二日間でした。

実際は半月にも感じられる時の流れを感じますね。

伊勢にはタイムスリップしたようなゆっくりとした時が

流れ、人々を守り伝えている感じがしました。

ありがとうございます。
   

晦日参りに31日早朝より出発して一泊二日で念願の伊勢参拝へ

お天気には恵まれて晴天の中、いくつかの予期せぬ嬉しいことも

相重なっての旅でした。

写真の灯篭は六芒星が彫られているもので、これが外宮から内宮へと

続いています。

そして2枚目は月夜見神社です。

美しく威厳に満ちた空気に包まれていたお宮でした。

そして、はじめて乗った近鉄の特急電車。(笑)

最後は外宮のお社です。

穏やかで包み込むようなエネルぎーでした。

別宮が風宮や土宮などあり、階段を上がった多賀宮は凛していました。

たくさんの大きな杉や御神木がたくさんあり、マイナスイオンも

ご神気も満ち足りて、私たちを包み込んでいました。

ありがとうございます。全ての偶然に感謝!


今日は近くの文具店や郵便局、銀行、買い物とバタバタと

片手に書き出したメモ紙を持って廻っていました。

文具店で色々と買ってレジで領収証と品物を受け取りながら

出口に向かって歩いていました。

間違いなしとバックにしまい、ふと足元を見てびっくり!!

もう少しで空中を歩いてそのまま病院行きとなるところでした。

隣を歩いていた人が私以上にびっくりされていました。

その前は天使の羽の一筆箋を見たり、天使のシールを見たりしていたので

きっと、天使が注意してくれたんだと思いました。

その後交差点を渡ろうと信号待ちをしていたら、・・88と4444の

ナンバーの車を立て続けに見ちゃいましたから(笑)

天使に守られていたのは間違いないでしょうね。

でも、気をつけないといけないと改めて反省です。

結構昔から、寸前のところで助かった事は幾度となくありました。

ありがとうと見えない存在にお礼を言いつつ過ごしています。

一筆箋の上の一枚の羽は、数週間前に腕に刺さる痛みを感じ

反対の手を伸ばして引っ張ったら、分厚い服を一枚貫通して

出てきた羽毛です。ひょっとしたらダウンから出て来たのかも

知れませんが、こんなに大きな羽は入ってないと思うのですが・・・。

奇麗だからとっています。


何年か前に子供の治療で通った整骨院で問診を受けている時に

そこの院長の後ろに不動明王が見えたことがありました。

あまりのパワーに言葉が出てこなかった記憶があります。

その方は何も語らずでしたが、不動明王信仰をされていたのは

間違いないかなと今では思います。

そう、このスピリチュアルな世界にまだ入っていなかった時の

出来事でした。

以下はネットよりご参考までに・・・☆☆☆☆☆

不動明王 ふどうみょうおう

十三仏の初七日導師。
いつも身近で私たちを護るため、大日如来が姿を変えて
現われたのがお不動様です。
お不動様は信ずる人の心の内に住み、その人を護り、ご利益を下さいます。

お不動さまを動物で現すと竜、物ならば両刃の剣、
色ならば金または青黒となります。

お不動さまが右手に持っている剣を利剣といいます。
正しい仏教の智慧で、迷いや邪悪な心を断ち切りることを現します。

左手の綱は羂索けんさくといいます。
悪い心をしばり善心をおこさせることを現します。

背中の炎は迦楼羅焔カルラえんといいます。
カルラは毒をもつ動物を食べるという伝説上の鳥の名前です。
この鳥の姿をした炎は、毒になるものを焼きつくすことを現します。

足下の岩は磐石ばんじゃくといって、堅くて大きな岩です。
迷いのない安定した心を現します。
お経では「金剛石に座し」と書かれていますから、
巨大なダイヤモンドに座っていることになります。

  カーン ご真言

なーまくさーまんだーば さらなんせんだ まーかろしゃーな そわたや

うんたらた かんまん。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
天使のカレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
(01/21)
(01/21)
(12/28)
(12/26)
(03/22)
最新TB
プロフィール
HN:
しずく
性別:
女性
職業:
ライトワーカー
趣味:
映画鑑賞・旅行・人間ウォッチィング
自己紹介:
英国オ-ラソ-マ社プラクティショナ- ブリッジ修了
チャクラバランスマサ-ジ レベルⅡ修了
整体療法師
レイキマスター
マルセイユタロットリーダー 国際タロット大学上級修了
アバンダンティアアバンダンスレイマスター
心理ゼミナール基礎コース修了
斉藤一人愛弟子
スピリチャルカウンセラー高津理絵公認 御心カウンセラー
舛岡はなゑ美開運メイクアップアカデミー公認アーティスト

雫のような小さな視点でものごとを書き連ねたブログです。こんな変わった人間が一人位いた方が世の中楽しいかも!?
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  光のひとしずく  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]