忍者ブログ
勝手気ままな天使のひとり言
 127 |  126 |  125 |  124 |  123 |  122 |  121 |  120 |  119 |  118 |  117 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    


昔は花見といえば梅の花見で、万葉集には桜が44に対して梅が118、

約3倍もでてきます。

「好文木(こうぶんぼく)」は梅の異称ですが、

このほか梅の異称には「木の花(このはな)」、「花の兄」、

「春告草(はるつげぐさ)」、「匂草(においぐさ)」、

「香散見草(かざみぐさ)」、「風待草(かぜまちぐさ)」、

「香栄草(かばえぐさ)」、「初名草(はつなぐさ)」などがあります。

水戸の偕楽園にある二層三階の木造こけら葺の好文亭は有名ですし、

好文木は、着物の柄、和菓子や線香の商品名にもなっています。

この言葉の謂れについて――

その昔、中国の皇帝が『文を好めば梅開き、学を廃すれば 梅閉づる』

と云ったことからつけられたようです。

学問の神様で有名な菅原道真と梅も、縁深いものがあります。

お能では『老松・紅梅殿』『東北(とうぼく)』やに

「好文木」がでてきます。

『老松・紅梅殿』は、菅原道真に関係するものです。

梅と松は天神が寵愛したので紅梅殿、老松殿という末社神となっている。

都の西に住む梅津某は長年天神を信仰し、北野天満宮に詣でていた。

ある夜の霊夢で「筑紫の安楽寺に参詣せよ」とのお告げを受ける…。

昔からある『東北』には、和泉式部の霊がでてきます。

関東から京都へ上った旅僧が東北院の、和泉式部の住居跡を訪れ、

折から花盛りの一本の梅の木に感じ入っていると美しい里女が来て、

「この梅は今、和泉式部・好文木・鶯宿梅などと呼ばれているが、

ここが上東門院の御所の頃、和泉式部が植えた“軒端の梅”だ」と、

謂われを語る。

そして花も昔の主、和泉式部を慕い年々色香も増して咲き続けていると言う。

僧が感心すると、自分こそこの梅の主、和泉式部だと花の蔭に消える。
    


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
素敵なお話をいつもありがとうございます
ターラ様へ

博識にいつも感銘しております。

梅といえば大宰府の梅が枝餅を連想してしまう食いしん坊の私は、昨日、百貨店の「九州物産展」に行き、博多ラーメンを久々堪能しましたぁ♪

今日、「百尊の教え」が手に入り読み始めました。
近くの走水神社に倭健命との関連があったなんて・・・近いうちに行ってみます(笑)
bright URL 2007/01/24(Wed)12:35:23 編集
bright様へ
コメント、いつもありがとうございます。
好文木のお線香は知っておりましたがいつ頃から、何故そう呼ぶのか調べていて・・ネットよりお借りしました。
でも、百尊の教えは、本当に良かったですよ。自分の系統(ルーツ)が
分かった気がします。
tara 2007/01/24(Wed)14:19:01 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
天使のカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
(01/21)
(01/21)
(12/28)
(12/26)
(03/22)
最新TB
プロフィール
HN:
しずく
性別:
女性
職業:
ライトワーカー
趣味:
映画鑑賞・旅行・人間ウォッチィング
自己紹介:
英国オ-ラソ-マ社プラクティショナ- ブリッジ修了
チャクラバランスマサ-ジ レベルⅡ修了
整体療法師
レイキマスター
マルセイユタロットリーダー 国際タロット大学上級修了
アバンダンティアアバンダンスレイマスター
心理ゼミナール基礎コース修了
斉藤一人愛弟子
スピリチャルカウンセラー高津理絵公認 御心カウンセラー
舛岡はなゑ美開運メイクアップアカデミー公認アーティスト

雫のような小さな視点でものごとを書き連ねたブログです。こんな変わった人間が一人位いた方が世の中楽しいかも!?
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  光のひとしずく  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]