忍者ブログ
勝手気ままな天使のひとり言
 1409 |  1408 |  1407 |  1406 |  1405 |  1404 |  1403 |  1402 |  1401 |  1400 |  1399 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4年前にあるご縁から西国33観音参りを始め、
休止になっていた納経帳の空白を埋めるべくいざ、観音参り!

出発したのが5時55分!そして彩雲!

お天気も最高の日和。ぞろ目のオンパレード!

33観音の内、空白は25観音。4日間かけて満願達成!



先ずは、大分方面へ。5番天念寺→6番両子寺→7番宝満寺

8番霊山寺→9番吉祥院 観音院→10番圓通寺→11番蓮城寺  


夕暮れて、沈む太陽が面白い光の様を見せてくれました。

前日に決めた観音参り。当然宿泊先も未定のままの出発。

あちこち、探しても満室。

でも、天のご加護はありました。道の駅で車中泊できるところ発見!

おまけに遅くまで開いている日帰り温泉もあり、お食事するところも!


翌朝はすっきりと晴れた中、噴火中の阿蘇山がお出迎え。

12番青龍寺→13番西巌寺→14番雲巌寺→15番普光寺

16番清水寺→17番永興寺→18番観興寺→19番観音寺


二日目は熊本方面から福岡へ。

そしてこの日はいったん帰宅し、ベッドで足を伸ばせて就寝。

日常のありがたいこと、観音参りのおかげさまにて実感。


3日目は、6時出発。長崎方面へ。

22番観世音寺→23番和銅寺→24番観音寺→25番清水寺

26番観音寺→27番清岩寺→28番常安寺

ずっと「おらが道」のような専用道路でしたが、長崎に入り

観光地は人と車で溢れ渋滞。全く進まず。

この日は伊万里の道の駅に車中泊。ここでも、日帰り温泉に入れ、

お食事も美味しく頂けてついてます!


4日目、地元福岡の最後の観音様へ。

29番千如寺大悲王院→30番油山観音

達成27年9月22日11時15分\(^o^)/

この4日間は本当に目に見えないお陰様の連続。

行くべきして行かせてもらった感じがします。

そして、たくさんの気づきがありました。

観音様は様々な救済やご加護があることと思いますが、

観音様の力というよりも、そこを365日守ってある人間が

どういう意識で、努めてあるかで、違うんだと感じました。

神性、仏性は仏像の中ではなく、それを守る人の心の中、

生きざまの中にあるのだと感じました。


ひとりさんが「観音参りはおれにとって、レジャー」と言われたのも

実際に参拝して回る中、出会いやハラハラドキドキ・・楽しいこと、

感謝すること、自分に置き換えることなど、本当にそうだと思います。


苦手だったお寺が心温まる場所の一つになりました。

また、この4日間で1000キロ走ってくれた車にも感謝です。

そして、ずっと運転してくれた家人にも感謝です。

すべての存在に生かし、生かされている「今」に感謝します。



人はすばらしい!!     合掌
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
天使のカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
(01/21)
(01/21)
(12/28)
(12/26)
(03/22)
最新TB
プロフィール
HN:
しずく
性別:
女性
職業:
ライトワーカー
趣味:
映画鑑賞・旅行・人間ウォッチィング
自己紹介:
英国オ-ラソ-マ社プラクティショナ- ブリッジ修了
チャクラバランスマサ-ジ レベルⅡ修了
整体療法師
レイキマスター
マルセイユタロットリーダー 国際タロット大学上級修了
アバンダンティアアバンダンスレイマスター
心理ゼミナール基礎コース修了
斉藤一人愛弟子
スピリチャルカウンセラー高津理絵公認 御心カウンセラー
舛岡はなゑ美開運メイクアップアカデミー公認アーティスト

雫のような小さな視点でものごとを書き連ねたブログです。こんな変わった人間が一人位いた方が世の中楽しいかも!?
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  光のひとしずく  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]