忍者ブログ
勝手気ままな天使のひとり言
 580 |  578 |  577 |  576 |  573 |  571 |  570 |  569 |  568 |  567 |  566 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ステキなメルマガが届きましたので、シェアです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「ドレミの話♪」





5月だったか、小堺さん司会の「ごきげんよう」のゲストに、谷村さんが、ゲストで出てて、今、上海などで音楽のことを、教えているとの事。

それで、色々勉強したら、音について、いろんな事が、わかってきた。

例えば、(そのとき言ってたのは) 「ソは、空を意味して、ラは、
宇宙で・・」と、少しの時間なのに、続きが、聞きたくて聞きたくて、
仕方なかった。

ちょうど、友達も見てて、

「今度本が出るね、それに書いてるかな?」

と昨日メールが、届く。

ネットで検索してたら、このドレミの話、ポッドキャストってとこで、
ラジオでの放送分が、聞けました。

大興奮の私、こういう話が、大好きです。

渦巻き好きな方と、音楽好きな方にも、 読んでほしいなって、思って書きました。

それでは、長いですが、どうぞ。





音にまつわる、感動的な物語ですよ。

まず、「音」という漢字は、上が立つ、下に 日と書く。
「日」は、太陽のこと。
「立」という字は、立ち上がる、生まれてくるという意味。
太陽が、生まれてくるということが、実は「音」の意味。

なぜ、太陽が、立ち上がってくると、なぜ、生まれるという字が、「音」なのか、漢字は、何を言おうとしてるのか?

これを解く鍵は、「ドレミファソラシド」の中に、あります。
上海の音楽学院でも、この話は、必ずします。これは、イタリア語です。

ドレミファソ、ソの音、ソの語源はSOL、イタリア語で書きます。
ABCDEFG、G 日本語では、いろはにほへと、と、
「ソ」=「ト」=「G」 

ソ、SOLって言うのは、太陽のことですよ。
ソーラーシステムとか、言いますね。
ソの音は、太陽の音ですよということ。

太陽の、ソの音は、日本語では、「と」と表現する。
「と」の音は、太陽の音だと思って、よいです。

そして、「と」の音から始まっていきますよ、というマークが、
とおん記号。

うずまきから始まって、キュッとひねった形。

とおん記号の形っていうのは、アルファベットGを、表している。
Gが、変形して、うず巻きになっている。

ソというのは、Gであって、との、音でもあります。

「ソ」=「ト」=「G」 

太陽が、ソの音だとすると、そして、「ソ」の下に下がっていく
「ドレミ」は、地球の中の音です。

「ド」=土の音、「レ」=火の音 「ミ」=水の音です。
ドレミ、はい、これが、土、火、水、ていうふうに、できています。

地球上に、どうやって、火と水と土ができたか、それが、一番大きな
「日(ひ)水(み)土(つ)」=秘密なんです。

真剣に、聞いてますか、真剣に、はなしてますよ。(笑)

この地球上に、どうしてできたんだろうって、人に、みんな知らされていない、これが、最大の秘密なんです。


「ファ」は、地球(ドレミ)と太陽(ソ)の間で、揺れている音。
実は、ファというのは、風のこと。

ソが、太陽、ラが、宇宙。

今度は、シです。「シ」っていうのは、「死ぬっ」ていう字を、かきます。

別の書き方をすると、何もないという、「無」という表現をするんですけども、日本語では、「シ」の音を「虚無」という。

虚無僧の虚無ですね。英語ではVoid。(ボイド)何もなくなる瞬間。

「ラ」が宇宙。それを、突き抜けていくと、何もないところに、たどり着く。
形が、消えるってことですね。でも、消えないものが、ちゃんと、上の「ド」に、繋がっていく。

上の「ド」っていうのは、土ですよ、ってさっき言いました。だから、形は、なくなっても、上の土に帰ってく。
だから、人間そのものをあらわしているのが、実は、音階。

そして、人間の体にも、音階が、ちゃんと入っている。
ドレミファソラシド、縦に流れている音階が、ありまして。

「ド」は、股の間。
「レ」は、丹田、おへそのちょっとした、ぐっと力を入れるエネルギーのたまり場所「火」を、担当している。
「ミ」は、水のエリアなので子宮。水のエリア、羊水がある子宮が、ミ。
「ファ」は、みぞおち。みぞおちは、「風門」風の門といいます。
「ソ」は、心臓=太陽
「ラ」は、実は声、喉。ここのエリアを、担当しています。

ということは、声は、宇宙と同じだっていうこと、心臓は、太陽と一緒だということ。

その「ラ」という音階を、担当してるのが声ですから、クラシックの時に、皆、チューニングをします。それは必ず「ラ」の音。

ポーーンってピアノが、「ラ」の音を出すと、ヴァイオリンが、ふ~んて、合わせる。

どうして、「ラ」の音で、チューニングをするんですかって時に、やってる人たちも 、その理由を、ご存じないんです。音楽大学の先生も、ご存知ない。 でも、昔から、「ラ」で、チューニングをしてきた。

でも、そこには、理由があって、 実は、「ラ」は、人間の声に、楽器をあわせるということ、しかも、「ラ」で合わせるってことは、その音を出した瞬間に、宇宙とつながりますよ、ということ。だから、すごいことをしてるんです。

いま、こうして、ラジオで放送して、喋っていますが、電波、波動が、でてますよね。昔のラジオは、チューナーっていうのを、動かして、波動を、合わせるんです。ピーガーー、コォーーとかって、いいながら合わせて、それで、波が、あったところで、こうやって声が、聞こえる。

これを、チューニングといってまして。実は、音楽の波動を合わせるって、言うのも、チューニング、って実は同じ事を、言ってるわけですね。だから、波動によって伝わっていく。これが、すごいキーワードになってるって、ことですね。

「ラ」が、声。
「シ」は、頭のど真ん中頭蓋骨の真ん中に、小豆大くらいの小さな器官が、みんなもってます、それを 松果体。といいます。

もともとは、眼球と同じ大きさを、持っていて、水晶体もあって、、目とおんなじ形を、してたんです、そして、その目は、頭のてっぺん上のほうを、向いていた。これは、今マンガなんかで時々出てくる「第三の目」とか、ああいう表現をしてるんですけど、実は、これが、松果体というところがしてた役目。これが、「シ」の音を、担当してます。

1オクターブ上の「ド」は、どこにあるかというと、頭の上、約13cmのとこに、浮いている。

これを、あらわしたのが、ヨーロッパの宗教画なんかに、天使を描いたときに、必ず、天使の頭の上、わっかが、描いてあります。「天使の輪っか」、ここが、1オクターブ上ですよ。

ドレミファソラシドを、数えると、8こあります。8番目というのが、上の「ド」になります。

8という数字は、すごく、大きな意味を持った数字だと、気づいてもらえると、嬉しいです。

8というのは、単に、縁起がいいというよりも、もっと、重要な意味を、もってますよ。一オクターブ上にある「ド」の世界が、8番目から、広がっていきます。

あと、音と渦巻きというのは、すごく大事な関係があります。

ト音記号が、なぜ、渦を巻いているか。

宇宙、銀河も太陽系も台風も渦潮も、自然のものは、実は、渦を巻いているエネルギーを伝えている。

その渦を、巻いてるエネルギーを、僕らは、体で、それを、キャッチする。

あの古~い時代、超古代あたりに、土の中から発見された、土器の表面についている文様は、一番古いものっていうのは、必ず渦巻きの形を、してるんですね。

で、それで、縄文っていうのも、実は、土をこねて、縄状にしまして、それを、渦を巻いて、積み上げる。っという。これによって、立体ができてくる。

だから、渦巻きから、すべてのものは、始まってくるっていっても、過言ではないんじゃないかなって思うくらい、渦巻きっていうのは、大事。

そして、その、宇宙、自然からきた、宇宙のエネルギーを、僕らは、体の中の渦巻きで、実は受け止める。体の中にある渦巻きを、あなたは、何個発見できるかなぁ。

体の中のつむじ。

一番てっぺんにある渦巻きは、「つむじ」

そして、ちょっと下がると、耳の中に、蝸牛官という渦巻きがある。この渦巻きで、音を、聞きます。

手の先には、指紋という渦巻きがある。感覚、接触する。

おへそ、ここも、実は、渦を巻いています。

赤ちゃんが、参道をおりてくるとき、渦を巻きながら、おりてくる。

まっすぐす、ぽんとおりてこない。必ず回転しながら、おりてくる。

実は、おしっこも、回転している。もし時間あるときは、みてください。(笑)

体の中の渦巻きで、ぼくらは、宇宙からの渦巻きを、全部キャッチしてますよ、ということ。

だから、体の中も音で、できてる。

ということは、なんだろう。ここでひとつ、皆、「あ、そうか」と、おもうことが、あると思うんですけども。

歌や音楽を聴いたときに、鳥肌が立ったり、涙が、流れたりする、そこには、実は、体が、自分の意志とは関係なく、共鳴しているものが、その歌とか、音楽の中に、あるということ。

その瞬間に、自分の意思とは、関係なく、体は先に、ばっと反応してしまう、それが、鳥肌になったり、涙になったりして出てくる。

つまり、人間とは、音そのものなんですよ、ということを、今日は、伝えられれば、いいかなって、思っております。

いただいたお便りで、共感したもの。

人間のことを、英語で、パーソンと、いいますよね、パーソナリティのパーソン。このパーソンというのは、英語ですけども、この言語は、ラテン語です。

それで、パーソンというのは、ペルソナという語源が、ありまして。

ペルソナっていう言葉自体が、ふたつの言葉が、組み合わさって、できています。

ペルっていう言葉と、ソナっていう言葉。

このペルっていうのは、貫き通る、貫いて通っていく、っていう。

そして、ソナっていうのは、響く、という意味。

だから、パーソン、人間っていうのは、

「ペルソナ=ペル(貫き通す)+ソナ(響く)」

人間とは、貫いて、響いていく器だっていうふうに感じると、すごく、わかりやすいですね。

だから、体の中で、すべてのものが、響いている。それが、実は、人間そのものなんだよぅって、いうこと。



以上で、終わりです。

お読みいただき、ありがとうございます。感謝いたしております。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
天使のカレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
(01/21)
(01/21)
(12/28)
(12/26)
(03/22)
最新TB
プロフィール
HN:
しずく
性別:
女性
職業:
ライトワーカー
趣味:
映画鑑賞・旅行・人間ウォッチィング
自己紹介:
英国オ-ラソ-マ社プラクティショナ- ブリッジ修了
チャクラバランスマサ-ジ レベルⅡ修了
整体療法師
レイキマスター
マルセイユタロットリーダー 国際タロット大学上級修了
アバンダンティアアバンダンスレイマスター
心理ゼミナール基礎コース修了
斉藤一人愛弟子
スピリチャルカウンセラー高津理絵公認 御心カウンセラー
舛岡はなゑ美開運メイクアップアカデミー公認アーティスト

雫のような小さな視点でものごとを書き連ねたブログです。こんな変わった人間が一人位いた方が世の中楽しいかも!?
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  光のひとしずく  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]