忍者ブログ
勝手気ままな天使のひとり言
 749 |  748 |  747 |  745 |  744 |  743 |  742 |  741 |  740 |  739 |  737 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



この日も眩しい朝日で一日の幕が開き、朝食後花の窟神社へ。

 

本当に美しい海の色にため息が出るほどです。自然の美とは美の極みです

 

花の窟神社はイザナミノミコトが葬られた所。・・・日本神話の大地母神

であり、人間の寿命を司る黄泉津大神である。

『記紀神話』では、伊弉諾尊(イザナギノミコト)と共に天津神に国造り

を命じられ、大八島国(日本の国土)と大事忍男神ら35の神々を生む

が、軻遇突智尊(カグツチノミコト)を生むときに火傷を負い、それがも

とで神逝る。



途切れることなく人が参拝というよりもお参りにいらしていた感じで、

ちょっと重く感じエネルギーを流させて頂いていると蝉の鳴き声が聞こ

えてきました。カグツチノミコトの前で今年初めて蝉の鳴き声を聞き、

続いてイザナミノミコトの祠の前でも蝉の鳴き声を聴き、その後はパタリ

と鳴かなくなりました。摩訶不思議です。

 

海岸へ降りて行くと如何にこの太平洋の波が荒いかが分かる平べったい

石がいっぱい。


そこからしばらく行ったところに鬼の城跡という奇岩が面白い遊歩道が

ありました。

  

残念なことに台風の被害で、途中から通行止めになっていました。

丁度観光バスが到着していて、団体さんがあっちでもこっちでもパチ

リとシャッターの音と笑い声、話声で盛り上がっていました。

 

台風の時はきっとスゴイ波しぶきと風が吹きつけるのでしょうね。



それから伊勢の方へと車を走らせ、着いた先は二見興玉神社。

夫婦岩(猿田彦大神と宇迦之御魂神)を祭ったもの。



夕暮れであり、風が半端ない強さの中、波の高さは参道まで掛っていまし

た。 

丁度修学旅行でやってきた小学生の高波への奇声がにぎやかです。

それを静めようと引率の先生の怒涛が響きます。(笑)

 

お賽銭集めにみえた神主さんでも、波をかぶらないようにうろたえてある

のですから、こどもは仕方ないと思いました。それに迷惑はかけていない

のですから・・。

 

この日は鳥羽のホテルに宿泊。夕日がとてもきれいでした。

 

ロブスターは結婚式のお料理によく出たりしましたが、イセエビは中々

食べる機会もなかったのですが、この日はバイキングだったのでエビ尽く

しでおなかいっぱい!フ~満足。

本当にしずくにしては、と~~てもと~~ても贅沢な和歌山、三重の旅。

ありがたやぁ~。読んで下さりこれまたありがたやぁ~。感謝の極み。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
天使のカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
(01/21)
(01/21)
(12/28)
(12/26)
(03/22)
最新TB
プロフィール
HN:
しずく
性別:
女性
職業:
ライトワーカー
趣味:
映画鑑賞・旅行・人間ウォッチィング
自己紹介:
英国オ-ラソ-マ社プラクティショナ- ブリッジ修了
チャクラバランスマサ-ジ レベルⅡ修了
整体療法師
レイキマスター
マルセイユタロットリーダー 国際タロット大学上級修了
アバンダンティアアバンダンスレイマスター
心理ゼミナール基礎コース修了
斉藤一人愛弟子
スピリチャルカウンセラー高津理絵公認 御心カウンセラー
舛岡はなゑ美開運メイクアップアカデミー公認アーティスト

雫のような小さな視点でものごとを書き連ねたブログです。こんな変わった人間が一人位いた方が世の中楽しいかも!?
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  光のひとしずく  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]