忍者ブログ
勝手気ままな天使のひとり言
 891 |  890 |  889 |  886 |  885 |  884 |  882 |  881 |  879 |  878 |  877 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



去年京都のとある観音堂へ参拝の折り、菅原道真公の最後に住んでいた

場所へ行きその地場のエネルギーを感じとると良いと言われ、たどり着い

たのがここ「榎寺社」。



西鉄二日市駅 「榎寺」「榎社」とも呼ばれ、大宰府政庁の南館にあたり

ます。ここで菅原道真が太宰府へ左遷されて亡くなるまで過ごしました。

鳥居の隣には「菅公館址」と刻んだ碑があり、道真の終の棲家だったこと

を示しています。社殿の真裏には道真を世話し、梅ケ枝餅の由来にも登場

する浄紗尼を祀る小さな社があります。道真が亡くなった際、亡骸を運ぶ

牛車が動かなくなり、そこに葬ったのが太宰府天満宮の始まりです。

毎年9月神幸式大祭では天満宮から榎寺まで御神輿がご神幸します。



その後、二日市の公衆温泉「博多湯」へ立ち寄り、オーラの浄化。

泉質が良い割に300円と安いと言う事もあり、館内は混んでいましたが

おかげ様でしずくはすんなりと入浴できました。

洗い場も順番待ち、湯船もたくさんの人で思いっきり足を伸ばす事はでき

ませんがここでも気づきがありました。

目を開けて入っているとたくさんの人でその気と雑多な想いにどうしても

なってしまいますが、目を閉じて湯のまろやかな感じや微かな硫黄を臭っ

たりしているととても癒されます。

外にばかり目を向けていると疲れと様々な人の事が目につき、耳につく。

それは自分の事ではなく、自分のフィルターを通しての人の事。

自らの必要性に応じて内側に目をやれば、周りがどうであれオアシスにも

修行の場にもなりうる。ふと数分でしたがそんなことを感じたのでした。

湯上りはとっても気持ち良く、体が不思議な位に軽くなっていました。

いつもご覧頂き、心より感謝しています。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
天使のカレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
(01/21)
(01/21)
(12/28)
(12/26)
(03/22)
最新TB
プロフィール
HN:
しずく
性別:
女性
職業:
ライトワーカー
趣味:
映画鑑賞・旅行・人間ウォッチィング
自己紹介:
英国オ-ラソ-マ社プラクティショナ- ブリッジ修了
チャクラバランスマサ-ジ レベルⅡ修了
整体療法師
レイキマスター
マルセイユタロットリーダー 国際タロット大学上級修了
アバンダンティアアバンダンスレイマスター
心理ゼミナール基礎コース修了
斉藤一人愛弟子
スピリチャルカウンセラー高津理絵公認 御心カウンセラー
舛岡はなゑ美開運メイクアップアカデミー公認アーティスト

雫のような小さな視点でものごとを書き連ねたブログです。こんな変わった人間が一人位いた方が世の中楽しいかも!?
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  光のひとしずく  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]