忍者ブログ
勝手気ままな天使のひとり言
 191 |  189 |  188 |  187 |  186 |  185 |  184 |  183 |  182 |  180 |  179 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




大濠能楽堂で狂言(呼び声)と能(殺生石)を鑑賞しました。

狂言は無断で旅に出た太郎冠者を怒った主人と次郎冠者があの手この手

で呼びだしその度に居留守を使っていた太郎冠者が我慢できずに

躍り出ると言う楽しいもので笑いも起こっていました。

能(殺生石)は、日本の華麗なる美と完璧を目指す伎と調和が

狭い空間で幕間もなく繰り広げられる一体感にあると思いました。

一挙手一動作にも細心の気配りが感じられます。

大切に扱い、ずっと伝承していく素晴しい文化だと誇りに思います。

以下は搔い摘んだ内容です。

玄翁(ワキ)と言う修行者が奥州より都へ行く途中、下野国那須野が原へ来る。

飛ぶ鳥が石の上に落ちるので不思議と思っていると、里の女が現れ

これは恐ろしい殺生石で人畜を害するから近づかぬようにと言う。

玄翁が訳を聞くと、昔鳥羽院に仕えた玉藻の前が王道を滅ぼそうと

天子を病気にしたが、化生ものであると見破られ、逃げて来て

ここで殺され、その執心が石になったと語る。

自分はその石魂であると明かし、夜になったら懺悔の為に本体を現すと言い
石の中に隠れる。


玄翁が供養して引導を渡すと、殺生石は二つに割れて野干(狐)が現れ

自分はインド・中国・日本と三国を股にかけて悪事をした老狐だが、

安部泰成の祈祷で苦しくなり、空を飛んで那須野に隠れ住み

三浦介・上総介に数万騎を率いて取り囲まれ刈り尽され、

ついに射伏せられて命を失った。

そこで殺生石となり、多年人を殺したが、ありがたい供養を受けたから

この後は決して悪事をしないと約束して消え失せる。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
天使のカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
(01/21)
(01/21)
(12/28)
(12/26)
(03/22)
最新TB
プロフィール
HN:
しずく
性別:
女性
職業:
ライトワーカー
趣味:
映画鑑賞・旅行・人間ウォッチィング
自己紹介:
英国オ-ラソ-マ社プラクティショナ- ブリッジ修了
チャクラバランスマサ-ジ レベルⅡ修了
整体療法師
レイキマスター
マルセイユタロットリーダー 国際タロット大学上級修了
アバンダンティアアバンダンスレイマスター
心理ゼミナール基礎コース修了
斉藤一人愛弟子
スピリチャルカウンセラー高津理絵公認 御心カウンセラー
舛岡はなゑ美開運メイクアップアカデミー公認アーティスト

雫のような小さな視点でものごとを書き連ねたブログです。こんな変わった人間が一人位いた方が世の中楽しいかも!?
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  光のひとしずく  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]