忍者ブログ
勝手気ままな天使のひとり言
 292 |  291 |  290 |  289 |  288 |  287 |  285 |  284 |  283 |  282 |  281 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1月11日は鏡開きですね。

市販の鏡餅ながら今朝方浸けて置いた小豆で恒例のぜんざいを帰宅後

作りました。毎回甘さが違います。(笑)

子どもたちはぜんざいがあまり好きでないので、今朝は雑煮にて食しまし

た。

年中行事はしないとまるで顔を洗うのを忘れているようなそんな物足り無

さを感じます。日本に生まれた事の本当に感謝です。




☆~~☆~~☆~~☆ ネットより


鏡開き(かがみびらき)とは、正月に年神に供えた鏡餅を雑煮や汁粉に

して食べ、一家の円満を願う行事である。



鏡は円満を、開くは末広がりを意味する。

武家では、鎧などの具足に供えた具足餅を下げて雑煮にして食し、これを

「刃柄(はつか)」を祝うといった。この武家社会の風習が一般化したものである。

刃物で切るのは切腹を連想させるため、手で割ったり、木鎚で砕いたりする。

また、女性が鏡台に供えた鏡餅を「初顔」を祝うといい、二十日(はつか)にかける縁語とした。

また、「切る」「割る」という言葉を避けて「開く」という縁起の良い言葉を使っている。

また、鏡餅を食すことを「歯固め」という。これは、硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るためという。

元々は1月20日に行われていたが、徳川家光が亡くなったのが二十日(慶安四年四月)であったためこの日を忌日として避け、1月11日に変更されて現在に至っている。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
天使のカレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
(01/21)
(01/21)
(12/28)
(12/26)
(03/22)
最新TB
プロフィール
HN:
しずく
性別:
女性
職業:
ライトワーカー
趣味:
映画鑑賞・旅行・人間ウォッチィング
自己紹介:
英国オ-ラソ-マ社プラクティショナ- ブリッジ修了
チャクラバランスマサ-ジ レベルⅡ修了
整体療法師
レイキマスター
マルセイユタロットリーダー 国際タロット大学上級修了
アバンダンティアアバンダンスレイマスター
心理ゼミナール基礎コース修了
斉藤一人愛弟子
スピリチャルカウンセラー高津理絵公認 御心カウンセラー
舛岡はなゑ美開運メイクアップアカデミー公認アーティスト

雫のような小さな視点でものごとを書き連ねたブログです。こんな変わった人間が一人位いた方が世の中楽しいかも!?
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  光のひとしずく  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]