忍者ブログ
勝手気ままな天使のひとり言
 1110 |  1109 |  1108 |  1107 |  1106 |  1105 |  1104 |  1103 |  1102 |  1101 |  1100 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

尊敬する方の日記より☆☆☆☆☆

意識レベルを高めることについて、具体的に解説しているのが、井出章彦さん(船井幸

雄「人類と地球のアセンション」より)と岸田守さん(「地球への予言―2012年の衝撃」)

の意識の6つ層です。

・幽 界(4次元)
・霊 界(5次元)
・神 界(6次元)
・菩薩界(7次元)
・如来界(8次元)
・宇宙界(9次元)

の6つ層で成り立っており、高次元に行くほど神の意識に近づいていきます。この世は

3次元の世界になります。

したがって、この6つの階層は、自分の意識レベルがどの階層の世界にあるかを認識

させてくれる基準になると思います。そして、さらに上の意識のレベルへの励みともなり

ます。自分自身の意識向上への価値尺度として座右に置いて、常に反省していきたい

と思っています。

なお、この階層全体には約400億の人間の霊魂が存在しており、これだけの数の霊魂

が、この世(この世は三次元世界ですが)とあの世の間を行ったり来たりしているという

のです。また各階層の霊魂の数もわかっており、圧倒的多数にいるのが5次元(霊界)

と4次元(幽界)にいるそうです。

4次元=幽界

自己保存の想念が強く、自分さえよければ人はどうでもいいというエゴ中心の世界。こ

こに住む存在は、自分の立場を守ることが正しさの尺度となっていて、自己保存を損な

うものは正しくないと考える。

<自分中心の世界です。他人のことなど何も考えていませんから、相手に何をいっても

平気で、相手が何を感じようが、自分の知ったことではないという考え方をしています。

自分中心で心の領域が狭いために、人の気持ちがわからないのです>

五官六根(*)を中心にした五欲の世界で、自分さえよければ、人はどうでも良いとす

るエゴの世界。  (*五官・・・・目・耳・鼻・舌・皮膚  六根・・・・眼・耳・鼻・舌・身・意)

すべてが自己中心に動いていると考える。

自分に不利益をもたらしたものには憎悪を抱き、糾弾する。

エゴ(自我)こそ人間の本質と考えており、この界の下層に地獄界がある。

「これだ」とエネルギーを集中し、持続する価値に目覚めている点は評価される

5次元=霊界

もちつもたれつの世界で、まだ損得のある世界。人に与えたものは与えられる。与えた

ものが返ってこないと気持ちがスッキリとしない、という損得勘定に支配されている。

<何か嫌なことをされたり、言われたりしたときに、自分も相手に仕返しをしなければ損

だと考えている人たちの世界です>

損得五分五分の考えが中心。

あの人にこれだけの事をしたから、それに対するお返しがあって当然と考える。ギブ・
アンド・テイクの世界。

お返しがないとスッキリせず、損をしたと考える。

双方納得のソロバン勘定で動く。

礼儀が一番大切、という意識が強い。

世間で常識化している善悪の尺度に価値を置いている。

善悪・損得・好き嫌いなど相対の意識が強い。

六次元=神界(一億数千万人)

自分に厳しく、人には優しくすることができる存在が住む世界。人から損害を与えられ

ても人を非難せず、何かよくないことがあったときでも、まず自分を第三者の立場で振り

返り、もし自分に過ちがあれば素直に反省する。起きたことを振り返り、客観的に問題

の原因を探り、二度と再びその原因をつくらないように努力する。

<何か言われたとしても、相手にそのまま言い返したら、自分の心に波風が立つことを

知っています。心の次元が高いのです>

人から損害を与えられても、あきらめは早く、又がんばればよいと考える。

人を非難する前に、原因を振り返り、二度と再びその原因をつくらないよう努力する
世界。原因追究と客観的立場に立とうとする努力を惜しまない。

人によって様々な正しさの規準があることをよく知っている。

「努力」「平等」を尊重する意識が強いのが特徴。反面、互いを尊重した立場に立つので数が重視され、本当の内容や質が見失われるということが起こる。

研究し追及する意識が強いので、学者や芸術家などがこの界に多いようです。

心と地上の調和は、少なくともこの界の意識を持つことが必要です。

7次元=菩薩界(二万人)

慈悲の心、愛の心が先に立つ世界。つねに神の心を尺度として、人々に愛も心も与え

る存在が住んでいる。人々の毀誉褒貶(*)に動かされることのない「正しさ」を身につ

けており、法をわかりやすく伝える役割を担っている。

神の愛と人々を生かすことに、人生の目的、永遠の価値を求める意識が強い世界。

「生かす正しさ」をよく理解している。

人々の喜ぶさまを見て、自分の喜びとする。人々の苦しみを見て、自分の心を痛める。
利害に左右されず、自分に与えられた仕事を忠実に行なっていく。

人々の苦悩の救済に前向きに行動する意識が強いため、真理の伝道に努力をしてい
きます。いわゆる菩薩行といわれているものです。

慈悲の心、愛の行為が中心になっている世界です。

8次元=如来界(四百数十人)

大自然の真理、正しい生活と心のあり方、つまり法の大綱を説く存在の住む世界。

心が宇宙のように広い人たちの世界です。

神の意識と表裏をなすので、衆生救済の意識しかない世界。

一切のとらわれから解放され、慈悲と愛だけの意識であり、光明に満たされた世界である。

自己を愛する如く、人を愛する意識(自他の観念がない)。

仏教でいう梵天界(ぼんてんかい)、金剛界といわれる世界で、地上界が混乱し、正しい法が失われた時、来たりて法を説き、地上に光明を与えていく存在です。

この界の最上層に、ブッダ、イエス、モーゼといわれる神の分霊がおられます。

9次元=宇宙界

万物を創造するエネルギーの場そのもの。


この書によると、自分がどのような基準で、今迄の人生を生きてきたか、よくわかります。さらに上の意識のレベルへの励みともなります。

あなたはどのような基準で今迄こられましたか?

なお、この階層全体を100%とした場合、6次元の神界以上の割合は0.5%程度(1000

人に5人)、大部分99.5%までは5次元(霊界)、4次元(幽界)に集中しているそうです。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
自分がどのような規準で生きてきたか
人によって様々な正しさの規準があることが生きているとだんだんわかってきますよね・・正義感が強かった思春期、自分の規準が一番正しいと錯覚していたあの頃。今おもいだしても穴があったら入りたい青春時代でした。でも一生懸命生きていたなぁ^^今はシンプルに自分がしあわせと思うことを日々選んでいるなでもこのような明確な規準があるんですね
ローズ 2012/07/03(Tue)23:03:43 編集
ローズ様へ
いつもありがとうございます
年齢によるもの(表層意識)、魂の成長段階(潜在意識)によるものと捉える段階でも違ってくるのでしょうけど、周りを見ていると“鏡”だなぁ~と感じます。
ちょっとでも、今世で魂を成長させたいなと思います。とは言いつつ、磨く為の様々な試練(試し、練られる)の最中は楽な方がいいなぁと思ってみたりします。日々笑進です。感謝。
しずく 2012/07/04(Wed)05:58:17 編集
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
天使のカレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
(01/21)
(01/21)
(12/28)
(12/26)
(03/22)
最新TB
プロフィール
HN:
しずく
性別:
女性
職業:
ライトワーカー
趣味:
映画鑑賞・旅行・人間ウォッチィング
自己紹介:
英国オ-ラソ-マ社プラクティショナ- ブリッジ修了
チャクラバランスマサ-ジ レベルⅡ修了
整体療法師
レイキマスター
マルセイユタロットリーダー 国際タロット大学上級修了
アバンダンティアアバンダンスレイマスター
心理ゼミナール基礎コース修了
斉藤一人愛弟子
スピリチャルカウンセラー高津理絵公認 御心カウンセラー
舛岡はなゑ美開運メイクアップアカデミー公認アーティスト

雫のような小さな視点でものごとを書き連ねたブログです。こんな変わった人間が一人位いた方が世の中楽しいかも!?
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  光のひとしずく  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]